スポンサーサイト

  • 2016.02.22 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    壁?

    • 2015.06.13 Saturday
    • 22:41
    こんばんは。かずまです。

    今日は暑い中、野外ライブへ足を運んでくれてありがとうございました。

    焼けたね〜ってたくさんの人に言われました。
    今の生活は日中外にいることが多いので自然に焼けていきます。笑


    今日のライブMCはかずにゃんと智彦(伊達の名前ね)にやってもらいました。
    かずにゃんのMCはいつもながら笑って聞いていられます。
    お客さんの笑顔もよく見えます。

    ライブの構成上、普段はMC担当しない智彦にも喋ってもらいました。
    先日誕生日だった彼は、バンドが変化の時期ということもあり、これからの音楽人生、pilotについて考えたそうです。

    pilotの音楽とは?

    智彦のひとつの答えはこうでした。
    「pilotの音楽を聴いて誰かが幸せになるわけじゃない、でもpilotの音楽はその人、その人それぞれの人と一緒に歩いていける音楽です」「だからこれからも僕たちと一緒に歩いていきましょう」「よろしくお願いします!」


    智彦の言葉が一番響いたのは俺かもしれないなぁ。
    最近はいろいろと考えることがあって、
    しんどい事もあって、自分のことが嫌いになって、
    それでもやっぱり負けたくなくて、

    pilotはどうなっていく「べき」だ、とか
    自分はどうしていくのかとか。
    いろいろと考えすぎでした。

    原点は楽しむこと。
    曲を作るのだって「あの人が笑うだろうな」とか
    「こういう瞬間って共感できるだろうな」って
    聴き手の事を考えて作っていたよなぁ。

    智彦の言ったとおり。
    俺らの音楽はあなたと歩いていける音楽。
    自分自身と向き合える音楽。

    今日のMCを聞いて、頭がすっきりした。
    それじゃダメダメダメってわけでもないじゃん!
    いつだって探している最中。

    「楽しい」をやればいいんだ。
    精一杯頑張ればいいのだ。

    だからこその一種の宣言でした。
    「10年後、またこの場所でで会いましょう」



    その人が超えれない壁を神様は作らない

    神様が自分の中だけに存在するモノなら
    「壁」というのは存在しないと思う。

    超えたいっていう意思があるから
    壁っていうイメージができる。

    超えたいっていう意思があれば
    その壁は越えられる。

    スポンサーサイト

    • 2016.02.22 Monday
    • 22:41
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      いつだってpilotは居場所を作ってくれる。
      ライブに行けばそこで知り合った仲間達と騒いだ。maxの歌を聞けば、今の自分のことを素直に受け止められて、少しだけ自分を好きになった。日々のストレスや悩みも、「そこ」に行けば何かが吹っ切れた。
      それは単なる甘えなのかもしれないけど、そういう場所がきっと必要なんだと思う。

      「俺らについてこい!」じゃなくて(それがダメってわけじゃないけど)、「一緒に歩いていこう」。そんなpilotが大好きだ。
      • 抹茶
      • 2015/06/14 7:35 AM
      コメントする








          

      selected entries

      categories

      recent comment

      profile

      amazon

      search this site.

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM