スポンサーサイト

  • 2016.02.22 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    テロリズム

    • 2015.11.16 Monday
    • 05:25
    日本時間の14日早朝、
    仏パリで同時多発テロがありました。

    ちょうどその日は県外へ行っていて、メディアに触れる機会も少なく、僕が知ったのはお昼頃でした。

    ツイッターでテロリストの文字、それと日本のメディアを批判する声がたくさん流れていました。


    サッカーの競技場やコンサートホールが襲われたそうで、事件現場を想像すると、、

    本当に恐ろしい事件だなと思います。



    事件が起きる3日前に一本の映画を見ていました。「永遠の0」という邦画で、特攻隊が実際に存在していた頃の日本を描いたお話でした。

    映画の中で現代を生きる主人公が友人と口論になるシーンがあります。

    内容は、特攻隊も自爆テロも同じことだろ?というものでした。

    彼は激しく友人を批難して、怒ってその場を後にします。

    そのシーンが頭から離れなくて、自分なりに色々と考えていました。


    「特攻と自爆テロは同じか?」


    その3日後に今回の事件です。

    祖国の為に自らの命を懸けて決死の覚悟で犯行に及ぶ。その行為は同じでも、背景にある想いはやはり違うものだと感じました。

    なぜそれほどまでに市民を巻き込むのか。それほどまでに窮地に立たされているのか。

    この世に戦争がある、争いが絶えていないという事実をちゃんと感じないといけない。


    今回の事件でお亡くなりになった方々へご冥福をお祈りします。

    スポンサーサイト

    • 2016.02.22 Monday
    • 05:25
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      selected entries

      categories

      recent comment

      profile

      amazon

      search this site.

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM