スポンサーサイト

  • 2016.02.22 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    「心の洗濯」

    • 2015.10.05 Monday
    • 01:53
    この土日は地元に帰っていました。

    心の洗濯をする為に、
    早朝散歩に出かけました。
    ランニングしてもよかったんだけど、
    その日はブーツで行っていたので
    散歩にしました。


    朝の空気、最近は少し冷えてきて
    肺の中いっぱいに冷たい空気を吸い込んだら
    それだけで目が覚めるような。


    大好きな景色を見にいくために、
    いつものコースで歩き出した。


    少し見ないうちに街の景色は少し変わって、
    新しい建物やコンビニなんかができていて
    物淋しさも感じつつ、ゆったりと歩いた。


    同級生の家や、小中学校の前を通って
    踏み切りに来たとき「おや?」とおもった。

    僕の中では通称「トンネル」と呼んでいた
    踏切の下を潜る狭い通路があったんだけど、
    それがなくなってる。

    その踏切はラッシュ時になると
    とても混雑するから、数年前から
    大掛かりなバイパス工事をしていて
    「こんなの完成するの何年先の話だよー。」

    って笑ってた何年先がもうすぐそこに来てる事に驚いた。

    そっか、あの踏切の音の響くトンネルは
    もう潜れないんだなぁ。そっかそっか。
    と考えながら、そこまでの道のりを歌に
    しておいてよかったと心底思った。
    思い出はなくならないし。さ。


    今日見た街の色は今まで以上に綺麗でした。


    地元って、離れてみて本当の良さに気づくもんなんですね。
    僕の地元はとても歴史の溢れる素敵な街でした。

    もっとちゃんと知りたいな。
    そう思ってゆっくりとお散歩。



    「心の洗濯」
    というワードを母から聞いたとき
    それはとてもしっくり感じました。


    朝の街並を見て、空気に触れて、
    人に触れて自分のタイム感が少し
    ゆっくりになるのを感じながら
    踏切が開くのをまっていました。


    駅のホームを出たすぐにある踏切。

    ちょうど朝の8時頃、電車の往来が
    激しい時間で踏切の「→」は二つ。

    ガタンゴトンガタンゴトン、
    「→」が一つになったと思ったらまた二つ点灯。

    数分後、車両が二つ通り過ぎて
    ようやく歩き出せると思ったら
    また鳴りだすでしょ。そうかいそうかい。

    4つ連続ならどうせ5つ目もあるんでしょ、

    半ば呆れ気味にそう考えてたら
    案の定、開かない踏切。

    さすがに少し笑ってしまった。
    いやいやwさすがにw


    後ろを振り返ると、
    自転車を押しているオジさんがいました。


    オジさんは笑いながら言いました。
    「なかなか開かんねー」


    僕も笑いながら言いました
    「そうですねー」


    車で待っているお兄さんも
    彼女と笑っていました。
    きっと同じ会話をしているのだと
    勝手に思いました。


    心の持ちようだなぁ。

    きっと日曜の朝でなければ、
    忙しい都会の中だったら、
    みんなはもっと怖い顔をして
    携帯を触って予定を確認して
    こんな会話はしないのかな。



    イライラしても、

    笑っていても

    踏切は開きました。



    自転車で僕を抜かしながらオジさんは言いました。
    「兄ちゃん、お先にー」

    遠ざかるオジさんの背中を見ながら
    僕は自然にこう思えました。
    「お気をつけて」と。


    これは、なんでもない朝の話。

    だけど、今日しかない朝の話。

    すこしでもこの暖かい感じが伝わればいいな。


    って話。

    スポンサーサイト

    • 2016.02.22 Monday
    • 01:53
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      この記事を読んで少しでも気持ちが明るくなっていただけたのなら、嬉しいです。母は今でも僕にとってプラスになるアドバイスをくれる人生のアドバイザーです笑。ポンさんにコメントをいただいた事で、僕も明るい気分になれました。こちらこそ、ありがとうです。
      • max
      • 2015/10/05 1:31 PM
      少し憂鬱気味になる月曜日の朝、ほっこりとした気分で今から出勤です。行ったことのない街の話なのに、その光景が頭の中にありありと思い浮かびました。あぁ、素敵だな。街も、人も。
      「心の洗濯」というワードを授けてくれたお母さん。そうか、MAXくんを育ててくれたお母さんはきっと素敵な人なんだろうな。だからMAXくんも素敵な事を考えることが得意なのかな、なんて思ったり。
      MAXくんのルーツを垣間見えたような気がしました。
      素敵なお話をありがとう。
      • ぽん
      • 2015/10/05 7:27 AM
      コメントする








          

      selected entries

      categories

      recent comment

      profile

      amazon

      search this site.

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM